【アウトドアジャケット】人気製品まとめ(ハードシェル編)

ハードシェル

ハードシェルは非常に防水性と通気性が高く、耐久性もあります。

人気がありすぎてネットでは買えない、ハードシェルジャケットを紹介します。在庫があれば即買い間違いなし。

Arc'teryx Alpha FL

定番モデルとして人気が高いアークテリクス アルファFL。毎年アップデートを繰り返し、製品としてはかなり完成されている。ベスト・ハードシェルジャケットといっても過言ではない。 

約315グラムという軽量ながら、丈夫なゴアテックス®プロを使用している。表面素材には耐久性のあるN40p-Xを使用。

本格的なアルパインウェアながらも街着にもできるほど、デザイン性が高い。山から街まで使える汎用性の高いアウター。 

Outdoor Research Interstellar

多くのアウトドア愛好家から人気を得ているが、日本では入手困難なアウトドアリサーチ。

アウトドアリサーチ インターステラー ジャケットはソフトな伸縮性と防水保護機能を兼ね備えたアウトドアリサーチ最高峰のハードシェルです。

約329グラムとアウトドアリサーチのラインナップの中で最も軽く、ソフトな伸縮性を備えています。

 濡れやすいソフトシェルや、通気性のないゴアテックスジャケットでお困りの方にオススメ。

Mountain Hardwear CloudSeeker

マウンテンハードウェアはカリフォルニアで1993年に設立。アウトドアメーカーとしては若い部類だが、高い機能性を持った革新的な製品は、多くのアウトドア愛好家から評価を得ている。

クラウドシーカージャケットは、通気性があり、ムレ抜けのいいドライQエリートを採用し、軽量(約682グラム)でストレッチ性に優れたジャケット。

上腕部の後ろ側にもベンチレーターを備え、フードもドローコードとスナップボタンでヘルメットの有無に合わせてフィッティング調整が可能。

参考.
ドライQエリートは着た瞬間から透湿が始まる初の防水透湿テクノロジー。
従来の防水透湿の素材とは違い、ドライQエリートは衣服内の湿度上昇を持たなくても透湿性を発揮する。体がベトつくことがない、これまで待ち望まれていたシェル機能。

 

 

 Outdoor Research Axiom  

アメリカ アウトドア専門誌「OUTSIDE」の「GEAR OF THE YEAR」を受賞した実績のある、アウトドアリサーチ アキシオムジャケット。

約418グラムで軽量。ポイントとしては、胸ポケットにモバイルを入れる専用のポケットや、イヤホンコードを通すホールがついているため、タウンユースにも十分活用できる。

ファブリックにはGORE-TEX@Activeを使用。

参考.
GORE-TEX@Activeの透湿性は数値でいうとRET3。防水生地でありながら、防水性の無いウィンドブレーカーと同等の透湿性を持っているので、優れた防水耐久性・防風性を持ちながら、大量の発汗にも対応できる。